YOLO!!

ARTICLE PAGE

玄武洞

出石を出て、つぎは玄武洞と言う、洞窟、絶壁が見れる山陰海岸ジオパーク 玄武洞公園へ








入り口の階段を登っていくと、






さらに上に











おぉー‼️(°▽°)







実際見てみると迫力あります!













ずっと中入れるもんや思ってたんですけどね(´∀`)


玄武洞とは、約160年前の噴火によって噴出されたマグマが冷えて固まって、それが河川による侵食でむき出しなって、冷却される際に体積が小さくなることでできる割れ目(節理)が顕著で切り出しやすかったため、これを人々が採掘した、その後が洞窟となった。なので天然の洞窟ではなく、坑道、採掘跡地である。

この切り出された岩は、周辺地域で漬物石、石材、護岸、石積みなどで使われているそうです。


ちなみに何故このような名前がつけらたかというと、この洞の岩石が作り出す節理の形、断面の模様から、中国の妖獣『玄武』を連想しつけられたそうです。






その隣には、青龍洞

















岩石に見られる規則正しい割れ目(節理)が柱状になり(柱状節理)が最も美しいとされているのが、青龍洞とされています。

このほかにも、公園の中に北朱雀洞、南朱雀洞、白虎洞があります。






玄武洞公園の前には、





駐車場、レストラン、石の博物館がありました。


その前には大きな川が、、









パイロン邪魔笑

ここでブラックバスが釣れるってなんかに、書いてあって竿は積んであったのですが、雨と寒さで、やられて、できませんでした。・゜・(ノД`)・゜・。



石の博物館も好きな人には、たまらんと思います!笑







で、駐車場で一時間ぐらい爆睡、、








さらに上へ、、、







続く

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply