YOLO!!

ARTICLE PAGE

椿大神社

三重県鈴鹿市にある椿大神社に行ってきました。



















ここが最初鳥居になります。






鳥居をくぐってすぐに、獅子堂(交通安全祈祷殿)があり、目の前に車輌祓所があります。
車の免許を取立ての方や、車を乗り換えた方、また年に一回は祈願するという方も、おられるようです。

なぜ車の安全祈願までしているかというと、椿大神社の御祭神(祀っている神様)は猿田彦大神で、先導の神、守護の神であり、衢(ちまた、道の分かれ道などの意味)の神とも言われています。
御利益(おはらたき)は、道の分岐点を始め、道路上での安全を司り、正しい道案内をする神様です。




こちらの鳥居から本殿へと登っていきます。






何回か鳥居をくぐり、道中、七福神を祀ってあるところがあり、拝ましてもらったりして本殿を目指して登ります。










(ブレブレのこんな写真しかありませんでした。。すみません。。)

こちらが本殿となり、主祭神猿田彦大神をはじめ、瓊々杵尊、栲幡千々姫命、木花咲耶姫命、天之鈿女命、行満大明神、合祀三十二神が祭られています。

猿田彦大神は交通安全を始め、人生の道案内をしてくださる、開運みちびきの神様です。
また、敷地内の椿岸神社は、猿田彦大神の妻神、天之鈿女命を主神として祀っていて、芸能、夫婦円満や縁結びの神などの多くの御神徳を有していると言われています。
特に縁結びの御利益があるらしく、女性の参拝者が後を絶ちません。



ぜひ一度、足を運んでみてはいかが?




スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply