YOLO!!

ARTICLE PAGE

おすすめ本! 謎のアジア納豆 そして帰ってきた日本納豆










謎のアジア納豆
そして帰ってきた日本納豆

高野秀行


大人気テレビ番組クレイジージャーニーにも出演されていました。


納豆は日本独自のもの、、、
と思われている方が多いのではないでしょうか?
と言うか、疑って考えもしたことない、、、と言う声が聞こえそうですが、、、


高野さんは、辺境作家ノンフィクションの本を書かれている方です。
ミャンマーで辺境の旅をしている時に奇跡的な出来事に遭遇しました。
それが現地で出された食事で納豆料理が出たそうです。

日本なら納豆といえば、熱々の白米にネバネバの納豆と生卵を混ぜたものをかけて食べるぐらいですよね?
それだけ十分な感じですが、アジア圏では、炒め物やスープ、蒸したりといろんな料理に使われるそうです

この本を読んでいる間、納豆が食べたくなってよく買いに行ってました。笑
日本の食べ物と思っていただけに、一度は現地で食べて見たいと思いました。


本書でアジアは、タイ、ミャンマー、ネパール、インド、中国、ブータン、ラオスに及び、また民族によっても食べ方が違う。
高野さん本は、文章もすごく面白い表現をされていて、自分の失敗談なんかも事細かく書かれていたり、
なかなか自分では、できないような体験をも書いてあるので、読んでいておもしろく、興味津々に読み進めてしまいます。


日本は納豆後進国だったのか?!
実は納豆は日本に伝わる前からアジア圏では食べられていたかもしれない。
後半はそんな壮大な仮説をもとに著者が調べたことについて書かれています。


是非、日本人なら、知っておくべきかもしれませんね。



スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply