YOLO!!

ARTICLE PAGE

初海外!台湾へ!3日目 朝食、豆乳料理を食べに行く。その7

朝食を外に食べに行こうと思い調べると、台湾は朝食が充実していて、しかも日本でも飲まれている豆乳料理があると知ったので、朝早く起きて出かけることにしました。



アーケード街を歩くと、永和豆漿(乳)大王(永和は元祖、大王は専門店という意味です)とお店あったので入ることにしました。
おばちゃん1人で切り盛りしていました。
指さして、あれとかこれとか注文してたら日本語メニュー表出してくれました。

お店の奥には、なが机と老舗と思わんばかりの木の椅子が置いてあり、そこでいただくことに。
他のお客は、おばちゃんと親しげに喋っている老夫婦や、僕を含めて外国人や、一人で来ている若い女性の方もいました。












美味しそうでしょ?♪( ´▽`)
写真の1番から
1.『油条』は中国式の細長い揚げパンです。揚げただけのパンですが、油っこくなく台湾の朝食にかかせないものです。

2.『鹹豆漿(豆乳スープ)』少しおぼろ豆腐のように固まりもあり、味はしょっぱい豆乳。
 具は食べている時は何かわからなかったのですが、おそらく油条(揚げたパン)が入っていました。
 

3.『韭菜盒(ニラの包み焼き 』外はカリカリのパン生地に中は、ニラと春雨がぎっしり詰まってました。韭菜はニラという意味です。
  かなり美味しかった。朝から食べるのは、勇気がいるかもしれません。

4.カップに入った豆乳。自然な甘みが癖になります。


朝から大満足です。

他にも、朝早くから営業していて、行列が出来るところもあるそうです。
朝早起きして、美味しい朝食を食べてみてはいかがでしょう?


スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply