YOLO!!

ARTICLE PAGE

岐阜はモネの池とその周辺 2017/7/22 岐阜②

おじいさんのあとをついて行き、民家がある所で車が止まり、

「ここ道なり行ったら、ひたすらまっすぐいったらトンネルが出てくるわ。」と


お礼を言い、教えてもらった道をひたすらまっすぐ行くと






でてきました。
川浦渓谷(かおれけいこく)





かなり高い。
高い所が苦手人はやめといたほうがいいかも。

水がエメラルドグリーンで綺麗。

トンネルをくぐると左に駐車場があり、渓谷の周りを遊歩道が整備されて、休憩所もありますよ!

なかなか草木が生い茂っているので、下を見下ろせる所が少ない。









ここは、沢登りで有名な、「外道クライマー」の著者である宮城 公博も本の中でこの渓谷を紹介してた。
僕はそれで知っていて、この日も見下ろしたら、沢登りしてる人いたし、思わず、がんばれ〜と叫びたくなりました。笑


というわけで、きた道を戻り、板取温泉へ

戻る途中またおじいさんと出くわし、

「よかったやろ。今度はとまりでこな。」

何か役立つかもしれんでと、名前をおしえてくれました。




板取温泉の湯は下呂に負けん!と最後に言い残し、お別れ、、ホンマ感謝!


と言うとる間に到着。




関市板取川温泉 バーデェハウス

道の駅な感じで、広い駐車場にトイレ、食事所があります。

温泉は湯がトロッとしていて、かなりスベスベになります。露天もあって、リラックスできます。
ちょっとしたジャグジーや打たせ湯もあります。



ついでに食事もとることに、




店内には、鮎料理が食べれる店とお土産所。
鮎は美味いっすねー。塩加減といい最高です。

モネの池クッキーをお土産に買いました。













少し車で休み。。。。。。







そして4kmもあるタガラトンネルを抜け、群上八幡へ、大滝鍾乳洞にいきます。
看板があるので、それに従いまた山道、、

鍾乳洞周辺は、釣り堀があって賑わってました。
それ横目でみつつ、入場券を買い、トロッコにのって鍾乳洞入り口に登っていきます。











入り口です。中から冷たい風が吹き付けます。
中は冷え冷えで、夏には最高ですね〜。
湿度も高いのでジメジメはしますが。



鍾乳洞自体はあまり大きなものはないような気がしましたが、道は狭かったり、天井が低かったりして、冒険感はかなりあると思います。


最後に飛騨牛コロッケ食べながら帰りましたとさ。

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply