YOLO!!

ARTICLE PAGE

カンボジアへアンコールワット遺跡群を目に焼き付ける旅 2日目 その2

アンコールワットを観賞して、トゥクトゥクドライバーと合流し、次はアンコールトム バイヨンへ


アンコールトムとは一辺が3キロの正方形になっていて、その中にいくつもの遺跡があります。

まずアンコールトムの中に入るメインゲート、南大門

IMG_8246.jpg





IMG_8247.jpg

南大門前の道の両側には、神々と阿修羅(仏教の守護神)がナーガ(蛇神)の胴体を引き合う像が出迎えてくれます。







IMG_8251.jpg

これがバイヨン寺院。
これもスケールがでかい。




IMG_8268.jpg


バイヨンといえば4面仏塔。
なんとも自愛に満ちた顔。かなりの数がありますが、一つとして同じ顔がないそうです。






IMG_8264.jpg

アンコールワットを始め、いろんな遺跡にある、デヴァター像(女神像)。美しい
こちらも一つ一つ表情が違う。


IMG_8272.jpg

バイヨンの中の第一、第二回廊には、一大絵巻になったレリーフがあるので、絶対見るべきです。



一通り観賞して、トゥクトゥクドライバーと合流して、
チケット何日分買ったの?と聞かれ、1Dayと答えました。

行きたい遺跡の中にアンコールワット遺跡群より離れた、郊外にある所もリストアップしてました。
話によるとそこもチケットが必要とのことでした。

2日間で周る予定がチケットのいる所全部行くことに、、、やらかしました(ノ_<)
明日も買いに行ったらいいんじゃないの?って話もしましたが、まぁお金がかかるでしょっ?と話になり、
行ってもらうことに。

まだまだアンコールトムの敷地内の観光は続きます。




バプーオン

IMG_8286.jpg



IMG_8287.jpg


IMG_8289.jpg










次に像のテラス
IMG_8299.jpg






次にピミアナカス

IMG_8307.jpg









次にライ王のテラス
壁一面に像が彫られている。

IMG_8317.jpg



IMG_8320.jpg


壁と壁の間も迷路状の通路になっていて、そこにも神々や阿修羅像が並んでいる。






次の遺跡は、プリヤ・カン




IMG_8354.jpg


IMG_8356.jpg


そして、郊外の遺跡の方へ
ホテルがナイトマーケット周辺で賑やかということもあり、郊外の町並みは、

IMG_8359.jpg

草原が広がっていて、家は高床式。路上で鶏肉?カエル?串にさして焼いて売ってたり、店頭にはフルーツや水のペットボトルが売ってました、
バイクに入れるガソリン(軽油?)がお酒の瓶やペットボトルに入れて売られてたり。
所々多勢の人が集まって、結婚式してましたが、音楽の音量がパネェぐらい爆音やったり。


IMG_8358.jpg

観にくいけど、牛は放牧されてたり。
道路はアスファルトと、土の所があります。どっちにしても砂煙がすごい。
場所によっては車が走った後は前見えなくなります。
サングラスは持って行った方がいいです。

ホテルに忘れて一回も使ってないって奴もいますけどね。俺やけど、、、

途中昼ごはんに観光客向けのレストランへ

IMG_8363.jpg

味は間違いなく美味しい。
やはり観光客向け、これで7ドルぐらい、ナイトマーケット周辺ならこの内容で1ドルぐらいで食べれますけどね。
味も大差なく。


つづく。

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply